「綾子の部屋」“歌フツさん”に向けたカラオケ講座 抑揚編

カラオケで、自分の十八番“曲”はありますか?
一番自信のある曲、一番歌いやすい曲、一番好きな曲。
そんな一曲を、もっともっと良い一曲にできたらば…

カラオケに、もっと行きたくなる!
お友達、恋人、家族に、自分の一曲を聞いてもらいたくなる!
そんな欲求にかられてしまうのではないでしょうか。

歌ヘタさん(下手)・歌フツさん(普通)・歌ウマさん(上手)の3パターンに分け、
カラオケ採点のプロ!牧野綾子がカラオケの極意を伝授!
今回は、“歌フツさん”のあなたに、音程の次に大事な「抑揚」について教えちゃいます!

“歌フツさん”の貴方がするべきこと「抑揚をつけて歌うこと」

歌フツさんがするべきこと
・抑揚をつけて歌う
・抑揚は音程の次に大事
・声の強弱・メリハリを意識して!

課題曲はKiroro「冬のうた」 バラード曲だからこそ「抑揚」の練習曲にはピッタリ

「抑揚」は音程の次に大事なトコロ!人生も抑揚がないとつまらないでしょ!

 

かの長寿番組MCの徹子様ならぬ、綾子様が唱えるのは、「抑揚」。
カラオケ機器で流れる音程バーで上下に列を成しているバーを見つけたらば、そこが絶好の「抑揚」ポイント!自分の声の強弱やメリハリを意識しながら歌えれば、自然と「抑揚」はあなたのものとなることでしょう。思い切って、これまで歩んできた自分の人生を思い返しながら、歌に酔いしれてみるのも「抑揚」を身につけられる近道になるのかも!

同じ音量で歌ってしまうと「抑揚」はなくなってしまう

 

抑揚は“恋愛”と同じ。押し続けてもダメ。引き続けていても、これまたダメ。
楽曲を恋人と見立てて、音程をあげる時は強く。逆に下げるべきところは優しく歌えば、楽曲も心を開いてくれるのではないでしょうか。
抑揚がとれていない人は、メロディに気を取られてしまい、全編同じ音量で歌ってしまう傾向があります。自分だけ気持ちよく歌わずに、意識して強弱をつけて歌ってみましょう。何度も言いますが、「抑揚」は音程の次に大事なんです!

クイーン綾子が様々な人生を加味して歌う、100点歌唱「冬のうた」

 

いかがでしたか?「抑揚」を効かせた歌声は?今日のレッスンのように歌い上げることができたらば、マイクを独り占めしてしまうのではないですか!?あなたの人生の深みと共に、あなた色の「抑揚」を見つけてください!

次回は、歌には自信がある“歌ウマさん”に向けた100点満点を目指すカラオケテクニック「ビブラート篇」をお届けします。クイーン綾子の適材適所に効いた「ビブラート」を是非、お見逃しなく!

カラオケ講座「綾子の部屋」記事一覧


「綾子の部屋」“歌ヘタさん”に向けたカラオケ講座 リズム取り編


「綾子の部屋」“歌ウマさん”に向けたカラオケ講座 ビブラート編

おすすめのサービス

読み込み中