DREAMS COME TRUEの「やさしいキスをして」でこぶしをマスター!! ~カラオケ採点をスキル別に指導!【Lesson5 こぶし編】~

近年、バラエティ番組でもカラオケ対決番組が再び急増中。
改めてカラオケスキルにスポットが当たる中、短時間でカラオケ採点をアップさせる方法を
シダックスユーザーのためだけに教える今企画も、遂にラストとなるLesson5に突入!!

これまでに4つのレッスンをクリアしてきた2人の美女の成長を、
万感の思いで成長を見守る“カラオケ採点のプロ”クイーン牧野。
そんなクイーンが課したラストレッスンは【こぶし】。

果たして最後を飾るに相応しい高難易度のスキルをモノにすることは出来るのか!?

悔しさをバネに! 現役女子アナと萌え声優が最後のレッスンに挑む!!

 

カラオケランキングバトル全国1位をのべ1000回を記録する
クイーン・牧野綾子による指導のもと、目を見張るほどの成長を遂げた2人の美女。
元札幌テレビのアナウンサーであり、現在もフリーとして様々なメディアで活躍する
現役女子アナ・松原江里佳は、昔からカラオケが苦手で人前で歌うことに苦痛を感じていたという。

「でも、歌は大好きなので、凄く歯がゆくて悔しい思いをしてきました。
 局アナ時代も私がカラオケを披露するコーナーがあったんですけど、
 明らかに“笑われるため”の企画だったので…」(松原アナ)。

 

そんな悔しさをバネに、クイーン牧野の特別レッスンに参加した彼女。
時は来た! 最後のレッスンをクリアし、あの時バカにしていた番組スタッフを見返してやるのだ!!

 

対するは、得意の“萌え声”で人気アニメからナレーション、
各種イベント出演などもこなす声優・吉元れいか

もともと歌が大好きで、少なからず自信も持っており、
声優のみならず、ゆくゆくは歌手活動もしてみたい……
そんな展望を密かに抱いていたのだが、現実はそんなに甘くはない。

現在の声優ブームのなか、主要な役どころを掴むことすらままならないし、
現状では歌手デビューなど夢のまた夢。

だが、歌手デビューに向けての思いは、日に日に増すばかり!
今回のレッスンに懸ける意気込みは並々ならぬものがあるのだ。

課題曲はドリカムの「やさしいキスをして」 “こぶし”は演歌だけのスキルではない!

そんな2人が最後に挑戦するスキルは“こぶし”。
一般的に“こぶし”といえば、

「うーんと…演歌のよく使われるアレでしょ、アレ!」。

なんとなくは分かってはいるものの、具体的にその“アレ”を
説明できる人は案外少ないだろう。

カラオケにおける“こぶし”とは、歌の途中などで楽譜に書けないような
細かい節回しを強調するテクニックのこと。

だが、意外なことに(!?)今回クイーンが課題曲に選んだのは
DREAMS COME TRUEの名バラード「やさしいキスをして」。

クイーンいわく、演歌だけに“こぶし”が使用されるのではなく、
近年はポップスにも多用さることがあり、効果的に使用すれば
楽曲に深みが増すという。
「やさしいキスをして」に関しても非常に“入れがい”がある曲だと豪語する。

 

クイーンから今回の楽曲が発表されると、松原アナが何故かニンマリ。

「私、カラオケは苦手なんですけど、この曲だけは十八番なんです。任せて下さい!!」

と猛アピール。レッスンに入る前からそんなにハードルを上げて大丈夫か!? 

クイーンが叱責! 「どうやら“こぶし”を勘違いしているようですね…」

お決まりとなった、予備知識なく楽曲を歌唱することからスタート。
まずは珍しく自信満々の松原アナから。確かにこれまでの課題曲と比べても
“歌い込んでる感”はあり、堂々と歌い上げてはいるものの、大事なのは
いくつ“こぶし”を入れられたか。

結果は残念ながら1つ。やはり、そもそも“こぶし”を入れて歌うという意識はないようだ。 

 
続いて吉元が挑戦。こちらも基本に忠実な歌いまわしで、
まずまずの歌声を披露するものの、“こぶし”回数は2つ止まり。
やはり、意識的に“こぶし”を入れることは難しいのか!? 

2人の歌唱を確認したクイーンは想定通りといった表情。微笑を浮かべながら

「やはり思った通り。お2人はまだ、本質的な部分で“こぶし”を理解していないようですね…」

と優しく語る。

 
「やさしいキスをして」が十八番だと豪語した松原アナは若干納得がいかないのか、

「なんとなくは知ってるつもりです! 『んんん~~』とか『あん、あっあ~~』とかですよね!?」

と握りこぶしのジェスチャー付きで食ってかかる。
そんな松原アナにもクイーンは慈愛に満ち溢れた笑顔で、

「松原さんが今見せてくれたのは “こぶし”ではなく、“うなり節”という手法なんですよ」と諭す。

「え…」。

思わず絶句する松原アナにもクイーンは優しく微笑む。

「知らないことは恥ずかしい事ではないのです。大事なことは学ぶ姿勢です。
 改めて“こぶし”のポイントを説明しましょう。
  ①母音を2回言う。
  ②上の音を引っ掛ける。
  ③素早く音程を変化させる。
 この3つの要素が重要となってきます」(クイーン)。

いよいよ感動の“ラスト歌唱”、奇跡の瞬間は訪れるのか!?

“こぶし”の詳細を共有したことで、さっそく個別レッスンを開始!
今回は、クイーン自ら“こぶし”を入れやすいポイントを提示し、
そこを重点的に歌唱していくというスタイルでレッスンを進めることに。

だが、頭では理解出来ても、実際に歌唱中に“こぶし”を入れることは容易ではない。
ラストスキルに相応しいというべきか、2人美女は共に“こぶし”習得に苦心している様子。

厳しくも優しいクイーンのレッスンにより徐々に感覚を掴んできた2人。
いよいよ最後の歌唱に入るわけだが、今回も前回の“しゃくり”レッスン同様、
事前に何回“こぶし”を入れるかを予告してもらうことに。

最初に挑戦する松原アナは

「初回が1回しか入れられなくて、自信はないんですけど…5回で!
 自分の得意曲と豪語してしまったので、目標は高く!!」と宣言。

対する萌え声優・吉元は

「初回の歌唱時が2回だったので……4回でお願いします」

と自信無さげに宣言。やはりまだ“こぶし”をマスターしたという
絶対的な自信はない様子。 

だが、そんな2人に今回も“カラオケの女神”が優しく微笑みかけた!
もはや必然とも言えるが、よくよく考えたら容易に達成出来ることではない偉業!

ラストを飾るに相応しい“奇跡の瞬間”が
再びアナタの前に訪れる!!
感動のラストレッスン動画を是非ご覧あれ!!

 

 

クイーン牧野”ヒミツの個人レッスン” テクニック別の記事一覧


松田聖子『青い珊瑚礁』でロングトーンをマスター!
Lesson1 ロングトーン編


Kiroro 『冬のうた』でリズムをマスター!
Lesson2 リズム編


テレサ・テン 『時の流れに身をまかせ』でビブラートをマスター!

Lesson3 ビブラート編


ZARD『もう少し あと少し…』でしゃくりをマスター!
Lesson4 しゃくり編


DREAMS COME TRUE『やさしいキスをして』でこぶしをマスター!
Lesson5 こぶし編

 

全てはここから始まった・・『オープニング』


感動のフィナーレがココに!・・『エンディング』

 

 

別企画もお見逃しなく・・


4人の美女のガチンコ勝ち抜きバトル!

おすすめのサービス

読み込み中