忘年会では“鉄板ソング” 振り付けを覚えると更に盛り上がるカラオケTOP10

気付けば11月も終わりを迎え、あっという間に年末となった2016年。年の瀬といえば、忘れてはいけないのが、会社の同僚や仲間内での忘年会。

2次会ではカラオケに流れる機会も多いだけに、各自、皆で盛り上がれる曲を仕込んでいることだろう。

今回、ORICON STYLEでは『振付を覚えておくと盛り上がれるカラオケソングTOP10』を発表。
これを歌えば盛りあがること必至の世代を超えた“鉄板ソング”が軒並みランクイン!

“なんとなく”歌って踊れる! 汎用性の高さが最大の魅力

振り付けも覚えるとさらに盛り上がるカラオケソングTOP10 

順位
1位 女々しくて/ゴールデンボンバー
2位 恋するフォーチュンクッキー/AKB48
3位 LOVEマシーン/モーニング娘。
4位 ヘビーローテーション/AKB48
5位 A・RA・SHI/嵐
6位 UFO/ピンク・レディー
7位 Choo Choo TRAIN/EXILE
8位 じょいふる/いきものがかり
9位 青春アミーゴ/修二と彰
10位 マツケンサンバ/松平健

見事1位に選ばれたのは、ゴールデンボンバーの代表曲【女々しくて】

同曲は2009年に発売された、彼らの代表曲であり、カラオケソングとしても、もはや“クラシック”と呼ぶに相応しい作品と言えるだろう。

金爆の数ある楽曲の中でも、完全に踊りのみのパフォーマンス曲である同作。
疾走感に満ちたメロディラインとキャッチーな歌詞が幅広い層からの支持を集め、発売から丸7年が経過した今も、各社のカラオケリクエストランキングでは常に上位にランクインしている。

残念ながら今年の『第67NHK紅白歌合戦』への出場は逃したが、昨年まで4年連続で出場し、全て「女々しくて」を披露してきたことで、若年層だけでなく高齢層にも同曲が浸透。
カラオケソングとしても「キャッチーなメロディと振り付けも簡単でみんなで騒ぎやすい」(千葉県/20代・女性)「男女関係なく、ジャンプして楽しめる!」(青森県/40代・男性)と老若男女問わず幅広い支持を得ている。
同曲の特徴として「振りも“なんとなく“で出来るから会社の飲み会でも使える」(新潟県/10代・女性)という汎用性の高さが最大の魅力といえるだろう。

「女々しくて」が“キング”なら、“クイーン”はもちろんアノ曲! 

1b7880e141ba2222bf44ec7c1b4dfd7e_s

続く2位には、こちらもカラオケにおける定番中の定番、AKB48【恋するフォーチュンクッキー】が堂々のランクイン。

セールス的な観点からはもちろん、その浸透度という点においても、グループを代表する1曲であることに異論の余地はない。文部科学省の留学促進キャンペーンに賛同する形で、秋元康作詞による本曲の替え歌が制作されたり、『第86回選抜高等学校野球大会』入場行進曲に選定されたりと、従来のファン以外にも広がりをみせたという点で、これまでの楽曲とは異なる作品と言えるだろう。

また、オフィシャルチャンネルにおいて、さまざまなユーザーがミュージックビデオと同じダンスを踊った動画が公開されているなど、その振り付けも注目された。

「おば様世代も知ってるから」(埼玉県/20代・女性)「大人女子でもオッケーなところ」(愛知県/50代・女性)「この曲なら自分でもイケると思わせてくれるから」(東京都/50・男性)など、熱い支持が。仮にカラオケの席で同曲がかかったとしても、多くのユーザーが「踊る準備は整っている!」といったところだろう。

カラオケ“鉄板ソング”の必須事項とは?

24d8e3139bd0e110096d85c2d12a96fd_m

そのほか上位ランクイン曲を振り返ると、その曲名を聞いただけで、思わず体が疼いてしまう楽曲が並んだ。

モーニング娘。【LOVEマシーン】3位)、AKB48【ヘビーローテーション】4位)、嵐【A・RA・SHI】5位)、修二と彰【青春アミーゴ】10位)などは、アイドルソングの垣根を越えて高齢層にも浸透。

逆にピンク・レディー【UFO】などは、38年前に発売されたのにも関わらず、6位にランクイン。
現在でも人気CMで起用されるなど、決して懐メロではなく“生きた楽曲”として今に継承されていることがその要因といえるだろう。

カラオケでチョイスすれば、盛り上がること間違いなしの楽曲が並んだ今回のランキング。
傾向としては、アップテンポのメロディとキャッチーなサビ、そして、例え完璧ではなくても、“うる覚え”で盛り上がれる振り付けが、“鉄板ソング”の必須事項といえる。
来年以降も、TOP10の牙城を崩すような、新たな最強カラオケソングの誕生に期待したい。

 


【調査概要】
集計期間:2016年10月31日(月)~114日(金)
調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

おすすめのサービス

こちらも読まれています!人気コラム

Category

シダックスのサービス

    シダックスアカデミーカルチャーワークスパティナステラ東京ワンピースタワー