30代~50代男性に聞く! 女性が歌うとキュンとくる“モテ曲”ランキング

カラオケで、気になる異性の前で歌う際の“チョイス”は誰もが思い悩んでしまうもの。「ノリノリのアップテンポがいいのか? しっとりとしたバラードがいいのか?」と迷っている女性に朗報!!

『30~50代男性に聞いた「女性が歌うとキュンとくる“モテ曲”ランキング」』ベスト10を発表。ぜひ職場の仲間や、サークルの集まり等でカラオケで歌う際にぜひご活用を!

女性が考えるよりも男性は名曲「糸」が好き!?

30代~50代男性に聞く! 女性が歌うとキュンとくる“モテ曲”ランキング

1位 糸/中島みゆき
2位 トリセツ/西野カナ
3位 ハナミズキ/一青窈
4位 未来予想図Ⅱ/DREAMS COME TRUE
5位 天城越え/石川さゆり
6位 愛をこめて花束を/Superfly
7位 恋するフォーチュンクッキー/AKB48
8位 Story /AI 
9位 365 日の紙飛行機/AKB48
10位 津軽海峡・冬景色/石川さゆり

1位を飾ったのは、70年代から第一線で活躍する歌手・中島みゆきの名曲【糸】。平松愛理、新妻聖子、研ナオコ、柴咲コウら女性シンガーのみならず、福山雅治、クリス・ハート、EXILEATSUSHIら男性アーティストもカバーしていることで知られている。

 

ユーザーアンケートでは「いろいろな人がカバーしているが男性が多く、やはり女性の歌の感じがするので女性が歌うとキュンとする」(大阪府/50代)と、女性の澄んだ声で歌うことを熱望する声があった。その歌詞は縦と横の糸という別のものが折り重なって、布になるという“出会いの大切さ”を歌っている。曲調はゆったりとした心温まるバラードで、老若男女、性別、年齢を超えた、普遍的な支持を受けている。

 

先ごろ発表した『3050代女性に聞いた「カラオケで歌って気持ちいい曲ランキング」』では4位にランクインしており、女性が考えるよりも男性は同曲を求めることが判明。その心理からは、酸いも甘いも噛み分けたアダルトな年齢層だからこそ、より深い愛情を持ち、母性にあふれた女性を求める願望が垣間見える。

実際にアンケートでも「人と人とのつながりがとても素晴らしいものだと再認識させられる」(和歌山県/50代)と、同曲のようなハートフルなメッセージが込められた曲を女性から歌ってほしいという意見が多かった。

男性が熱望! 恋する女性の本音を歌った西野カナの「トリセツ」!

2位にランクインしたのは、女性の気持ちを代弁した歌詞に定評がある西野カナの【トリセツ】。急に不機嫌になったり、何でもない日のプレゼントもうれしかったりするという、“恋する女性の本音”を「取扱説明書」になぞらえた曲。

多くの女性の共感を得ているこの曲は、桐谷美玲、山﨑賢人出演の恋愛映画『ヒロイン失格』の主題歌で、西野自身が友達やスタッフにそれぞれの“私の取扱説明書”を書いてもらい、統計をとったものから歌詞を書いたことを明かしている。

 

30~50代女性に聞いた「カラオケで歌って気持ちいい曲ランキング」では、ベスト10圏外なのだが、意外にも男性から女性に歌うことを求めている。アンケートでは「女性そのものを唄っている曲なのでキュンと来るよりドキッとくる曲」(兵庫県/40代)と男性は受け止めている様子。また、「理解してあげたくなる」(青森県/30代)という優しい意見もあるため、女性は朗々とこの曲を男性の前で歌ってOKのようだ。

カラオケ人気の高さはまさに花言葉の“永続性”のとおり!

ハナミズキの花

3位は一青窈が2004年に発売したシングル曲【ハナミズキ】がランクイン。

ハナミズキは「ドッグウッド」としてアメリカを代表する木でバージニア州とノースカロライナ州の州花にもなっている。4月頃に白やピンクの花が咲き、花言葉は「永続性、耐久性」だ。そんな特徴にちなんでか、楽曲は愛の永続を願う歌詞で、さまざまな解釈ができるのだが、その制作の原点は2001年のアメリカ同時多発テロ事件にあることを一青窈が明かしている。週間カラオケランキングでも長年に渡って、ベスト10に入ることが多く、発売から13年を経ても人気があるという、まさに“永続性”を見せている。

 

2010年には新垣結衣、生田斗真出演で同名映画も公開。北海道、東京、ニューヨーク、カナダをロケ地に、10年の時をかける純愛ラブストーリーが描かれた。『3050代女性に聞いた「カラオケで歌って気持ちいい曲ランキング」』では7位であり、男性の方が女性にこの曲を歌うことを望む声が多いことが分かった。アンケートでは「一青窈の名曲。ストーリーがこの曲にはある」(東京都/50代)と、男性は物語性のある歌詞を好んでいる様子。曲の世界観を大切にして、歌うことができれば、同世代の男性をトリコにできるはずだ。

30代以上の男性が求める曲の傾向とは? 演歌、アイドルソングもマスターしよう!

そのほかランキングを振り返えると、ベスト10は全部女性歌手の曲であり、男性は女性歌手の曲を求めていることが判明。バラードやミドルテンポなどゆったりした曲がほとんどを占め、穏やかな曲を同世代の男性は求めていることが分かった。

 

3050代女性に聞いた「カラオケで歌って気持ちいい曲ランキング」』で1位の高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」、2位の星野源「恋」はいずれもアップテンポで、両曲ともベスト10に圏外となった。そんな中、演歌が2曲入っている点が特筆事項。石川さゆり【天城越え】は女性版ランキングでも8位なのだが、男性からは「うまかったら聞きほれてしまうから」(静岡県/30代)と情念を込めた歌声を欲している様子。さらに、同じく石川の【津軽海峡・冬景色】には「この歌を歌いこなす姿勢に惹かれそうだから」(東京都/30代)という意見も見受けられた。

また、7位の【恋するフォーチュンクッキー】9位の【365日の紙飛行機】2作のAKB48楽曲が入っているように、アイドルの楽曲を望む声は多数。票数は割れたが、乃木坂46、欅坂46の曲を歌ってほしいという意見も多く、女性なら1曲ぐらいはアイドルソングを歌って踊れるようにしておくとポイントが高いようだ。


【調査概要】

調査時期:2017年5月2日(火)~5月8日(月)
調査対象:計750名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員30代、40代、50代の男性)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
ORICON NEWS

おすすめのサービス

読み込み中