遂にラストバトル!! 果たして勝者は!? 目指せ100点!カラオケ採点“ガチンコ”勝ち抜きバトル  Lesson3 ビブラート&こぶし編

レストランカラオケ
2017.10.6

 

「カラオケ採点で高得点を取ってみたい!」。
そんな願いを叶えるため、カラオケクイーンによる指導のもと、
美女たちがさまざまな課題曲に挑戦していく特別企画
『目指せ100点! カラオケ採点ガチンコ勝ち抜きバトル』。

遂にラストバトルとなる“Lesson3”で挑戦するのは、石川さゆりの「天城越え」。
“日本の心”演歌をどのように歌いこなすのか?勝利の女神が微笑んだのは、
果たしてどちらだ!? 

ラストバトルの課題曲は演歌! 名曲「天城越え」に挑む!!

 1回戦ではSuperfly「愛をこめて花束を」2回戦では福山雅治「HELLO
の課題曲でカラオケ採点のガチンコバトルに挑んだ美女たち。

カラオケランキングバトルの全国1位を、のべ1000回記録した
カラオケ採点の女王・牧野綾子による
“特別指導”により、確実にその歌唱力をネクストレベルに押し上げ、
1回戦、2回戦ともに全員が飛躍的な点数アップという驚きの結果に。

 

 ここで、今企画『目指せ100点! カラオケ採点ガチンコ勝ち抜きバトル』
のルールを再度振り返っておこう! ルールは以下の通り。

・与えられた課題曲を2回歌唱

1回目の歌唱の後に特別講師からそれぞれ30分の個別レッスンを受ける

2回目の歌唱を行い、採点上昇値が高かった者が優勝!

1度目の点数が悪くても、上昇値で競うためレッスン次第で十分に逆転が可能だ!

 

ラストバトルに勝ち上がったのは、オリジナリティ溢れる歌声で魅了する“クセが強い”ルナ、
プロの意地で負けられない“現役歌手”ミサキの2人。

1回目の歌唱に入る前にインタビューに応じたルナは
「やっぱり歌い方のクセが強いので、それがどういう方向に出るのか?
 ミサキちゃんはプロの歌手だけあって本当に上手いから正直、自信はないです…」
と弱気発言。

対するミサキも
「牧野先生の指導で自分でも歌声の変化を実感してます。
 ただ、(1回目と2回目の歌唱)上昇値で競う戦いなので、結構難しいですね(笑)」
と、こちらも本音を吐露。

確かにミサキの場合は1回戦、2回戦共に、基本となる初回歌唱で最も高い点数
をたたき出しているだけに、いくらクイーン牧野の指導後といえども、
飛躍的な上昇はかなり難しい。

 

だが、そんな2人にもうひとつ共通する点は、“極度の負けず嫌い”ということ。

「ここまで来たら、負けれないですね。
 声量とクセの強さでは勝ってると思うので(笑)、優勝します!」(ルナ)。 

「(前回のバトルでも)1位通過出来なかったので、正直悔しかった。
 内心『あぁ~!!』って叫んでましたから(笑)。絶対に負けられないですね」(ミサキ)
と怪気炎。どうやら互いに一歩も引く気はないようだ。

『演歌』を歌う際の意外なポイントをクイーンが伝授!

そんな闘志むき出しの2人が挑戦する最後の課題曲をクイーン牧野の口から告げられた。
課題曲は、石川さゆりが1986年にリリースした名曲「天城越え」。
大リーグ選手・イチローの打席曲にもなるなど、演歌を代表する1曲だが、
「石川にしか歌えない、難易度の高い作品を」ということで制作された楽曲であるだけに、
相当にハードルは高い。 

だが、そんな難易度の高い楽曲への挑戦にも、クイーン牧野は平然とこう言い放つ。 

「コツされ掴めば誰でも得点アップが可能です」

ラストを飾るに相応しい課題曲に挑戦することになった3回戦。
果たしてクイーンは演歌をどのように指導し歌いこなせるように導くのか?
演歌を歌う際の意外なポイントがクイーンの口から発せられる!! 

 

クイーン牧野のLesson動画!! その驚きの指導法とは!?

 

 “演歌っぽく”歌うということを重視し過ぎてはダメ! 

ルナ、ミサキの歌唱チェックを終えたクイーン牧野。

独特なクセのせいか、音程評価にやや課題を残したルナについては
やはり最初に歌ったときは独自の音程で歌っていて(笑)。
 でも、一度教えたらすぐに修正していたのでビックリしました

と、その成長に目を細める。

もともと大きい声が出る方なので、抑揚を付ければさらに点数アップが見込めます」と、
彼女の長所を上手く生かした歌唱法を伝授。

 

対するミサキに関しては
1回目の歌唱時は“タメて”歌っていたんですけど、
 すぐに修正していたのは流石ですね」
と、

ミサキの対応力を賞賛。
「1回目の点数も相当高いですけど、2回目でさらに
 得点をアップすることは可能だと思います」

と期待を込めた。

演歌というと、ついつい“ビブラート”や“こぶし”を
過剰に意識し過ぎてしまう傾向があるが、
実はここに大きな落とし穴が潜んでいるという。

ここで改めてクイーン牧野から「天城越え」の
高得点獲得に結びつけるためのレクチャーをしてもらおう!

ポイントは“ビブラート”と“こぶし”。タメて歌ってしまいがちな演歌ですが、
 リズムに注意して歌うことが大事です。
 つまり、“演歌っぽく”歌うということを重視し過ぎてしまうのは
 マイナスになる可能性があります。
 
『気持ちを込める』という部分は、直接的に採点のプラスにはならないので、
 しっかりとリズムに声を乗せていくことを重視することが大事です」
(クイーン牧野) 

クイーン牧野による“ラストレッスン”を終えて3人の採点はどう変わったのか?
いよいよ最後の戦いに歩を進める2人の美女。

果たして真の勝者となるのは!?
本番歌唱前に声が出なくなるハプニングも!?
そのときクイーン牧野がとった行動とは!?

ガチンコバトル3回戦がいよいよスタート!!

 “ビブラート”と”こぶし”を最も上手く歌いこなしたのは誰!? ガチンコバトル3回戦の模様を動画でチェック!!

優勝の栄光はどちらの手に? ガチンコバトル3回戦を
下記動画でお届け!! 

 

 

 

 

 

遂に長き戦いに終止符が打たれた瞬間。
ルナ、ミサキともに歓喜の表情よりも先に安堵の表情がこぼれた。
互いに健闘を称えあう2人。そこに“敗者”は存在しなかった。

声を枯らしながらもクイーン牧野の教えを基盤に、全力で演歌に挑んだルナ。

現役プロ歌手として“負けられないリスク”を背負いながらも、凛とした佇まいでその実力をいかんなく発揮したミサキ。

そんな2人の勇姿と成長ぶりを目の当たりにしたクイーン牧野の目からも、思わず熱いものが…。 

「コツされ掴めば誰でも得点アップが可能です」

 

LESSON当初から一貫してこの言葉を貫き通してきたクイーン。
初めは懐疑的な部分もあった挑戦者たちだが、自身が受けたレッスンを通して、
その歌声の変化を実感した。

そう! 誰でも、幾つになってもカラオケは上手くなれるのだ!!  

様々な人種が行き来し、それぞれの物語が交錯するカラオケ
SHIDAX新宿歌舞伎町クラブ」。

その一室で行われるクイーン牧野による“特別レッスン”。
いつかアナタにも“招待状”が届くかもしれない……。

Lesson1、Lesson2はこちらから 

 

おすすめのサービス

読み込み中