とあるお父さんの子育てモットー!Vol.3

とあるお父さんの子育てモットー!Vol.3

こんにちは!シダックス子育て応援隊こどもの城倶楽部のM西です!

前回は「挨拶の徹底」について書きましたが、今回は子供の「怒り方」について書かせて頂きます!子育てに正解は無いので、あくまで持論です!

前回の「とあるお父さんの子育てモットーVol.2」はこちら

噛み砕いた怒り方

 

 

fff7865d77d5e36d3fd42df79ebce9c8_s

私は普段、5歳と3才の息子達にそれはもう甘く、何かにつけて褒めまくったりしている反面、彼らがいわゆる「悪い事」をした時は、それはもう即刻に、毅然と怒ります(その落差が子供にとっては怖すぎる、と奥さん注意される事もしばしばなのですが。。。)。

 ただここでなるべく気をつけているのが、怒ることがただ頭ごなしになってしまわぬよう、一度親子で落ち着いた状態で

 ・何に対して怒ったのかを伝える

・なぜそんな事をしたのかを聞く

・それを続けると、どんな害があるのかを考えさせる

・今後どうすべきかを言わせる

 このプロセスをなるべくきちんと踏めるようにという事です。ここまで噛み砕く事で、本人たちの心に、都度その事を刻み込んでいければと思っていますし、再発した際にも「前もこれで怒られたよね。その時どんなお話したっけ?」と復習ができます。

 

69e1c7ec8f0328f28b145df3e9c4caea_s

 

ただこれも「悪い事」の程度によりますし、なんでもかんでも都度止めてこんな注意していたら、臆病で何も出来ない子になってしまいます。程度と頻度は要注意ですね。そんな中でも「命に関わる危険な事」、ここだけは強烈に怒ります。こうやって強弱をつけながら、親の務めとして、子供たちが、何はNGで、何はOKなのかの「善悪の判断」を自分で出来るようになるためのトレーニングをしてあげる事が大事かなぁなんて思っています。

 

今回はここまで。この「怒り方」はとっても難しいですが、親も学びながら、子供と一緒に成長していけるといいですね(^^)

次回は「こどもの褒め方」についてお伝えします!!

 

イベント開催情報のメール配信ご希望の方はこちらから

シダックス子育て応援隊こどもの城倶楽部

HPhttp://www.shidax.co.jp/ex/child-rearing/

ペンがルー親子

                                                                                   

 

おすすめのサービス

こちらも読まれています!人気コラム

Category

シダックスのサービス

    シダックスアカデミーカルチャーワークスパティナステラ東京ワンピースタワー