風邪予防【後編】~元気な体でウイルスに負けない!~

 

風邪予防【後編】~元気な体でウイルスに負けない!~

寒くなり空気が乾燥してくると、風邪やインフルエンザが流行し始めます。風邪やインフルエンザは、ウイルスに感染することで発病します。風邪ウイルスは200種類以上もあるといわれており、一度感染して抗体ができても、また別の種類のウイルスに感染すると発病するため、ウイルスに負けない体づくりが大切です。

今回は、風邪予防【前編】に引き続き、後編をお伝えしていきます!

ウイルスを体内に取り込まない~手洗い・うがい~

手はいろいろなところを触り、ウイルスや汚れを運びます。外出先から帰ったときや食事の前、トイレの後などには手洗いをしましょう。 db01e91a858f922bbf6e05f73fe729d0_s

外出先から帰ったときは、うがいをしましょう。うがいをすることで、のどに付いたウイルスを追いだすだけでなく、のどの湿度が保たれ、湿度に弱いウイルスの運動を低下させます。2歳を過ぎると、うがいができるようになってきます。子どもの成長に合わせて、うがいも習慣づけましょう。うがいができない子どもは、水や麦茶を飲んでのどの湿度を保ちましょう。

環境を整える~ ①温度・湿度の調整~

 8832ffffd811aa132379ca6acad7cc82_s

 空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜が乾燥して体の防衛機能が低下し、ウイルスに感染しやすくなります。

加湿器などを使って、適度な湿度(5060%)を保ちましょう。また、体が冷えると、血液循環が悪くなり、口やのど、鼻の中で繊毛運動が低下し、ウイルスが侵入しやすく なります。室内は20℃を目安にしましょう。

※繊毛運動とは、鼻やのどの粘膜に生えている繊毛の運動のこと。繊毛運動により粘液に流れができ、

鼻や口からウイルスや細菌などが入ってきても、「たん」と一緒に体外に排出してくれます。

環境を整える~②家族で風邪予防~

lgf01a201304161100

パパやママなど大人が風邪をひいてしまうと、抵抗力の弱い幼児に風邪がうつってしまう確率が高くなります。そのため、一緒に暮らしている家族全員が風邪を予防することが重要です。

 

いかがでしたか?自分でできる予防と、環境を整えて家族みんなでウイルスを撃退しましょう!!

 

イベント開催情報のメール配信ご希望の方はこちらから

シダックス子育て応援隊こどもの城倶楽部

HP http://www.shidax.co.jp/ex/childrearing/   

ペンがルー親子                                                                            

おすすめのサービス

読み込み中