羽崎泰男の子ども雑学Vol.5

羽崎泰男の子ども雑学Vol.5

ちょっと前までは子育てに奮闘していたのですが、気がついてみると、いつの間にか孫の成長が楽しみな爺さんになっていて、「東京ジージ」と呼ばれて、ニンマリ、何とも言えない心地良さを感じるこの頃です。

前回の「羽崎泰男の子ども雑学Vol.4」はこちら

こどもの城回想④~能力の素晴らしさと大切さ~

 

0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_s

ホンダやトヨタといった大きな企業との共催事業は先に書いたロケットとは一味違うダイナミックなものでした。

ホンダとは二輪(バイク)を軸にして鈴鹿での耐久レースの車体のデザインを子ども達にしてもらうことに挑戦、選ばれたデザインはそのままバイクに装飾され、耐久レースで走ったのですから感動ものでした。あるいは、車社会と自然をテーマに茂木のレース場と隣接されたキャンプ場での滞在イベントは参加者にとっても考えさせられるものでした。

一方、トヨタとのコラボでは本物のF1のマシーンをこどもの城のエントランスホールに持ち込み、運転席に乗れる体験をしてもらいました。特にテーマとしたのがどんな最先端のマシーンでもそれを運転するのは「人間」であるということ、人間の能力の素晴らしさと大切さを表現したもので、多くの来館者を集めました。

852490048e193304534ef452b17b1e5b_l

さて、このところの「こどもの城回想」で昔の記憶をたどりながらあれやこれやと、懐かしんだり忘れようとしたり、楽しかったり苦いものであったりと様々なものが思い浮かんできますが、良くぞこんなに多くのことをやってきたものだと思います。時代はバブル期から不況時代、本格的な少子高齢化、週五日制やゆとり世代など、この30年間の時代背景はこどもの城にとっても刺激的なものでした。

まだまだ、記憶の紐解きはできそうです。次回に期待してください。

おすすめのサービス

読み込み中